日常&インスト覚え書き

miduki0902.exblog.jp

ハワイでパワーチャージ!

ブログトップ

社長秘書

以前、ちょこっと書いたのですが私の業務に兼任で社長秘書が加わりました。
庶務派遣の人が庶務と秘書業務を兼務していて庶務派遣を無くした結果、誰が社長秘書をするの?と社内で、なりました。
若い経理派遣の子が有力。彼女は若くてカワユク、お父さんは親会社の役員。
さらに私たちの部署の一番上の人が彼女を、お気に入りと本人も自覚。
絶対に彼女が秘書だろうの予想に反して結果は私。
発表される直前、たまたま上司の机にあった書類を見て、私が秘書と知った瞬間、凄く凹みました。
周囲も嘘だろう、本当の発表があるまで信じないと言っていた中、結果は、やはり私でした。
なぜ私に決めたの?と涙。前の人が秘書になった時、やりたかった!!と喜んだのと私は大違いでした。
私にメールしてきた前任者の人。「秘書業務なんてムリとか、○○さんには向いていないとか」。
前秘書の方が、秘書していたのは9ヶ月でしたが、秘書っぽい方でした。
私の社長秘書のイメージは社長の愛人と思われるくらい美人で色気のある人です、ゴメンなさい。
d0030994_23392422.jpg





社内で私が秘書になると知ると離れた関東の人まで「○○さん、秘書なんですよね(ププッ)」と言う始末。
前任者から、「社長は自分のことは自分でするから何もしなくても良いよ」と引継ぎでした。
庶務派遣の人が休んだ時、私が替わりに一応は、やっていたけど社長は基本、自分のことは自分でする人。
お茶だって自分で入れるし、シュレッダーだって自分でするし、出張の予約も基本は自分でやってしまいます。
会社に1人で来るしって言うか、一番早いらしい・・私はギリギリ10分前到着。
週のうち2日は違う所で過ごすし、昨年春、色々な役員から退陣したので今や500人くらいの社長業だけ。

この仕事にやりがいが感じられず、1ヶ月は周囲に言われて、やっと仕事するだけの私。
他から秘書宛の電話があっても、嫌で嫌で・・・。私って、いつも前の秘書の人と比べてました。
前任者の方に「向いていない」と言われて、どうせ私は出来ないし、やる必要が無いしと思っていました。
なので社長に、「頼んだ事はやってくれたよね?」と言われる始末。それに対しても「はい」と返事だけの私。

ふと、ある時に「前の人は前」、私は私なりのやり方で、やれば良いのだからと思うようになりました。
また、気持ちの変化はブログアップしますね。
言われやすいキャラの私なのか社長に呼ばれて注意される事も多々。
お茶を出す順番、合ってたかな?と普通常識の事で悩んでしまう私。
社長は総合職の子しか相手にしないと聞いている事もあり、社長の目を見て中々話せない私。
私が気持ちを変えて行った時に、何気ない事に社長が携帯でわざわざメールを下さいました。
ちょっと嬉しかった出来事でした。

今日、バタバタしていた社長が私への指示を早口で全て言いきらない内に笑顔で頷いた私。
そんな私に対して社長も全部、言いません。今の仕事で少し前進できたかな、私・・と思ってました。


画像は先日、夫君と外食した時の、お料理。
顎下腺のリンパ腺が腫れて、大口を開けて食べると痛みが走る私を見て、私が良いよと言っているのに
つくねの串を外して、全部を箸で半分ずつ、してくれました。
こう言う心配りは私には出来ません。前から思うけど夫君は甘えの態度には冷たいけど本当に辛い時、悲しい時に、さり気ない事をしてくれるのは凄いなと思います。私にはムリだな、こう言う心配り。

そんな夫君から私へのメールのタイトルが「おばちゃん秘書・・」全然、嬉しくないです。
この仕事が嫌で夫君に、きちんと話したのが先日、若くて可愛い子ちゃんに担当が替わるまで地味に数年、やってなかったらしい整理など、やります。
[PR]
トラックバックURL : http://miduki0902.exblog.jp/tb/11227885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miduki0902 | 2010-06-01 23:42 | お仕事 | Trackback